L-テアニン効果は医学論文にも掲載


お茶を飲むとほっとしたり気持ちが落ち着いたりしますが、これはお茶に含まれるテアニンによるリラックス効果、精神安定作用によるものです。

 

L-テアニンは、
アミノ酸の一種でお茶や紅茶、特に玉露茶に多く含まれています。

 

 

ストレスや悩みを抱えていると、布団に入ってもそのことを頭の中でぐるぐると考えてしまい、眠れなくなってしまいます。

 

しかしリラックス効果があるので精神を落ち着かせて眠りにつきやすくする効果が期待できます。

 

また、緊張・興奮作用を緩めて寝つきをよくすることで中途覚醒を減らして快適で質のよい睡眠へと導いてくれます。

 

 

L-テアニンは50度〜60度で溶け出して、カフェインは80度から溶け出すので、
お茶から抽出する時は熱すぎない暖かめのお湯で抽出するのがよいでしょう。

 

 

からだにとって必要な成分のため、一日の摂取量は特に定められていません。

 

しかし、お茶などの飲み物で摂取しようとすると利尿作用が強くなったりして睡眠を妨げる可能性もあるので注意が必要です。

 

睡眠改善のために摂取したい一日の摂取量は、機能性表示食品では200mg以上であると言われています。

 

 

L-テアニンの高濃度版「サンテアニン」

また、飲み物から摂取することが難しい場合はサプリメント摂取すると効果的です。

 

太陽化学が生産、販売したサンテアニンとは、酵素法を用いて高純度のL-テアニンを大量製造することに成功し、サンテアニンとして食品への利用を可能にしました。

 

安全性が認められて米国FDAより正式に一般に安全な食品素材として認められています。

 

 

L-テアニンは緑茶に存在している旨み成分で抹茶や玉露茶などに多く含まれています。

 

寝つきが悪くなかなか寝られない、夜中に何度も目が覚める、目覚めが悪く眠った感じがしない、などの症状がある人にとって睡眠前に摂取することで効果的です。

 

 

また、睡眠薬ではないので危険性はありませんが、効き目には個人差があるので運転の前や危険な場所で作業するなど緊張感を保ちたい時には摂取することを避けた方がよいでしょう。
お茶や健康食品を上手く活用することで睡眠改善効果が期待できます。

 

 

>>>サンテアニン配合のキリツテインを飲んてみた結果

 

 

睡眠不足は美容や健康の大敵でることは知られています。

 

しかし、現代社会では不規則な生活や深夜までパソコンやスマートフォンを活用する人も増え、睡眠不足による問題が増えてきています。

 

また、眠れないことが原因の睡眠不足にはストレスなどが影響している可能性もあります。

 

このように眠れない、睡眠不足という方にL-テアニンが有効と医学論文でも発表されています。

関連ページ

サンテアニンの効果
サンテアニンの効果について説明します。
ヘム鉄の睡眠への効果
ヘム鉄の睡眠への効果についてまとめています。
亜鉛の睡眠への効果
亜鉛の睡眠への効果について説明しています。
高麗人参の睡眠への効果
高麗人参の睡眠への効果について説明しています