特定の栄養が不足


朝起きられない時の食べ物について成分面から
それを多く含む食べ物について説明していきます。

 

朝、なかなか起きることができないと言う場合、その原因は様々なことが考えられます。

 

そのひとつには、特定の栄養が不足していることが挙げられる場合もあります。

 

それにより睡眠の質が低下してしまっているために疲労感などが拭えず、そのために朝、起床しにくくなってしまっていると言う具合です。

 

よってこの場合には、それらを改善するために効果が期待できる成分を、食べ物から摂取するのが望ましいです。

トリプトファン不足

まずトリプトファンです。これは朝の目覚めを良くするためのホルモン、セロトニンの材料になる成分です。

トリプトファンを含む食べ物

  • 牛肉
  • 豚肉
  • チーズ
  • 牛乳などの乳製品
が挙げられます。

 

牛乳は含有量は少ないのですが、コップ1杯でそれなりの量を摂取することができるので、比較的、摂取しやすいと言うのがメリットです。

良質なタンパク質

タンパク質には、睡眠中、疲労回復や体の成長に働きかける作用があります。

 

そのため、これを摂取しておくと朝、すっきりと目覚めることが期待できます。

良質タンパク質を含む食べ物

トリプトファンを含む食品と共通しています。

 

これはトリプトファンはアミノ酸の一種であり、タンパク質はアミノ酸が連なってできている成分であるためです。

 

上記した食物以外には、ウナギの蒲焼やするめいかが挙げられます。

 

ちなみに牛肉に関しては、より赤身肉である方が望ましいです。

亜鉛

亜鉛には、疲労回復を高め安眠に対しての作用があるとされているので、これを摂取しておくことが望ましいです。

亜鉛を含む食べ物

牡蠣やチーズが挙げられます。

 

特に牡蠣は、亜鉛の含有量が多いため、その摂取のためには積極的に食べておきたい食物です。

 

また含有量は少ないですが、ゴマやピーナッツにも含まれています。

鉄分

鉄分も、睡眠に作用を持っています。
また造血に対しても作用を持っているので、日中の眠気を予防、改善するためにも摂取しておきたい成分だと言えます。

鉄分を含む食べ物

牛や豚のレバーが代表的なものとしては挙げられます。また青のりやひじき、焼き海苔や味付け海苔にも多く含まれています。

ビタミンE

ビタミンEは強い抗酸化力を持っているため、睡眠不足による状態を改善することが期待されます。
また血行不良の改善作用もあるため、目覚めの改善にも良い影響が期待できます。

ビタミンEを含む食物

アーモンドや落花生が挙げられます。

 

また植物油にも多く含まれているので、適量を上手に調理に利用することが望ましいです。